前へ
次へ

宅配買取を利用する場合と宅配買取の仕組み

宅配買取とは買取業者の店舗に行かずに不用品などを業者に買い取ってもらう方法です。
古着、書籍などが代表的なものでしょう。
このシステムは、買取業者が近所にない場合、貴重品を買い取ってもらいたい場合、重量があるものを買い取ってもらいたい場合などに利用できます。
意外なところでは、近所の人や家族に見られたくない場合などにも利用できるでしょう。
最近ではほとんどの買取業者が宅配買取を行っています。
具体的な手続きは、まず、インターネットで申し込むのが一般的です。
必要事項を送信すると、業者から買い取りを行うダンボールなど梱包に必要なものが送られてきます。
このダンボールは無料で、なおかつ商品の数や大きさによって業者が選んでくれる場合が多いようです。
ダンボールなどが届いたら、買い取ってもらう物を入れて所定の方法で送ります。
今日ではコンビニなどでも手軽に送れようなシステムとなっています。
業者に買い取ってもらいたいものが届くと、業者の査定となります。
業者へ到着すると数日で査定額がメールなどで届きます。
査定額に納得したら、その旨連絡し、振り込みをしてもらいます。
注意する点は、査定額に納得できないとき、その物を送り返してもらいますが、その送料が業者負担する場合と自分で負担する場合があることです。

Page Top